富山の地元紙 北日本新聞様に当社記事の掲載をいただきました。

高岡の伝統工芸、観光の発展に役立てるようがんばります。

この度ご掲載を頂きましてありがとうございました。

 

以下為中文翻譯

富山本地的報紙北日本新聞刊登了銀祥堂的報道。

銀祥堂會努力為高岡當地的傳統工藝,旅遊觀光的發展盡自己的力。

非常感謝報社的報道。

猿のマスク掛け としても使える
鉄製の愛嬌のある趣きを感じる【さるのもの掛け】です。
鉄なのでシッカリとしています。

品名:猿のもの掛け・大
材質:鋳鉄製 高岡鉄器
寸法:長さ約21cm 幅約4cm
日本製 紙箱入

価格990円(税込)
送料は別途800円、振込手数料等別途かかります。
お求めは下記フォームからご連絡ください。
https://www.ginshodo.jp/jp/order.html

在庫がない際にはお時間が掛かります。
ご了承ください。

 

以下是中文翻譯:

長臂猿的口罩掛鉤,非常好用。

討人喜歡的鐵制【猴子掛鉤】。

因為是鐵做的,所以分量質感十足。

商品名:長臂猿掛鉤・大

材質: 鑄鐵制 高岡鐵器

尺寸:長約21cm 寬約4cm

日本制 附紙盒

價格: 990円(含稅)

匯款運費另需800円,匯款手續費另算。

購買請點擊:https://www.ginshodo.jp/jp/order.html

倘若沒有現貨時,需要等壹些時間。敬請理解。

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

マスク掛けとしても使えます

布袋香炉

『大峰作 布袋香炉』、大きめの香炉です。床の間の『飾り香炉』としてお勧めです。

床の間とは?「床の間」は、客人をお迎えする部屋につくられます。

「床」とは、ものをのせたり、位の高い人が座る、一段高い場所をいいます。

床の間は、部屋の中で一番神聖な場所とされ、お客様をもてなすために壁には

掛け軸その下には花入や香炉、『美』が置かれます。

『床の間』は日本建築の特性をいかした、座敷の中の『美の空間』です。

作品名:大峰作 布袋香炉
寸法:高19.5×幅16.2×奥行16.2cm
材質:青銅製

 

以下為中文翻譯:

『大峰作 布袋香爐』是壹款較大的香爐。建議可放在「床の間」上作為『裝飾香爐』。

「床の間」是什麼呢?「床の間」是用來接待客人的房間。

「床」是指房間中高出地面的壹段地方,可以用來放東西或者請地位高的客人上座(從前)。

「床の間」是最聖神的場所,在墻壁上掛上卷軸畫,在畫下放置花瓶和香爐,放置「美」,用來接待客人。

「床の間」發揮了日本建築的特性,是和式榻榻米房間中的「美的空間」。

作品名:大峰作 布袋香爐
尺寸:高19.5×長16.2×寬16.2cm
材質:青銅製

 

瑞龍寺様

鉄瓶鐡壺日本製銀祥堂

高岡も今日6月11日、梅雨入りしました。

小雨の瑞龍寺様の雰囲気も良いですね。

瑞龍寺様は富山県内での唯一の国宝のお寺様です。

銀祥堂から歩いてすぐのところです。

下の写真は、瑞心作の鉄瓶、ひねり七宝です。

なかなか良い感じで写真が取れました。

 

以下為中文翻譯:

高岡也在今天6月11日,入梅了。

小雨中的瑞龍寺感覺也很好呢。

瑞龍寺是富山縣內唯壹的國寶古寺。

從銀祥堂步行即可到達。

下壹張圖是瑞心制作的鐵壺,七寶圖案斜編紋。

拍了照片,感覺很不錯。

 

 

翡翠海岸

翡翠海岸

翡翠海岸

翡翠海岸

翡翠海岸

翡翠海岸

富山には日本で唯一、天然翡翠が採れるところがあります。

富山と新潟の県境辺りが有名です。

先日良い材料となる翡翠を探しに、朝日町の翡翠海岸へ行ってきました。

翡翠が採れるので、翡翠海岸。そのままの名前です。

 

日本の翡翠は、硬玉で高価とされています。

硬玉の翡翠は、ミャンマー、日本など少ない地域のみ採れます。

中国大陸、台湾、カナダ等で産出される翡翠は軟玉で、比較的安価とされています。

歩いていろいろ探して、見つかる時もありますが無い時もあります。

運が良いと見つかりますよ。

 

以下為中文翻譯:

富山縣有著日本唯壹可以采到天然翡翠的地方。

在富山縣與新瀉縣邊境的地方,非常有名。

前些日子為找尋可以作為好原料的翡翠,去了朝日町的翡翠海岸。

因為可以采到翡翠,所以被稱為翡翠海岸,名字由此而來。

日本的翡翠是硬玉,所以價格較高。

硬玉翡翠只有在緬甸,日本等少數地方可以采到。

中國內地,臺灣,加拿大出產的翡翠是軟玉,價格相對較低。

邊走邊探尋,有時能找到,有時也找不到。

運氣好的話可以發現哦。

 

昨日の金屋町、快晴でした。

千本格子の街並、もともと鋳物に関係する職人、商人の街で

その雰囲気を味わえます。

通りのには、懐かしい円筒形の郵便ポストがあります。

街の雰囲気に合ってます。

早く賑わいが戻ってほしですね。

 

以下為中文翻譯:

昨日的金屋町,是個打晴天。

千本格子建築毗鄰的街道,

在原先與鑄造有關的匠人商人的街道

可以感受到這種氛圍。

在路邊有令人懷念的圓筒形郵箱。

和街道的氣氛很相配。

希望能早日恢復以往的熱鬧啊。

4月27日、今日の高岡大佛様です。

まだまだ肌寒いなかで、久しぶりの晴天。

大佛様の前を通りましたのでちょっと撮影。

なんとも有難い風景。真冬でも春でも真夏でも

同じところに服一枚で座っておられます。

高岡の大佛様は、日本三大大佛様の1つで

その三大大佛様には、奈良の大佛様(廬舎那仏様)

鎌倉の大佛様(阿弥陀如来様)、高岡の大佛様(阿弥陀如来様)

があります。大佛様といいましても同じでないのです。

高岡で物作りができることに感謝。

高岡に大佛様がおられることに感謝。

合掌。

 

以下為中文翻譯:

4月27日,今日的高岡大佛。

還在春寒料峭,久違的晴天。

經過大佛時略留壹影。

真是難得的風景。無論是春夏秋冬,

壹襲衣服在同壹處靜坐。

高岡大佛是日本三大大佛之壹。

這三尊大佛是奈良大佛(廬舎那佛)

鐮倉大佛(阿彌陀如來佛)和高岡大佛(阿彌陀如來佛)。

同為大佛也是不盡相同。

感謝高岡能夠制作大佛。

感謝高岡有這樣的大佛。

合掌。

高岡駅から古城公園に向かう通り沿いの桜。

昨日、満開をちょっと過ぎた感じ。

来年こそ桜の下で食べたり、お酒を飲んだりしたいと思います!

 

以下是中文翻譯:

從高岡車站通往古城公園沿路的櫻花。

昨天已有些盛開期過臨的感覺。

明年壹定要在櫻花下喝美酒品美食,彌補今年的遺憾!!

高岡にある富山県デザインセンターに行くと

この車が展示してあります。

富山県は物作り県です。近年は特にデザインに力を入れています。

銀祥堂はこのような『物作り県』で切磋琢磨しながら

物作りを行っています。カッコいい車ですね。

 

以下為中文翻譯:

去了在高岡的富山縣設計中心。

看到了這輛展示車。

富山縣是做東西的縣。近年特別在設計方面下功夫。

銀祥堂身處在這樣『做東西的縣』,要邊切磋鉆研邊制作好東西。

真是帥氣的車呢。

銀祥堂のある富山県には、日本三霊山の1つ立山があります。

あと2つの霊山は、富士山と白山。

立山は高く険しい山なので修行の場、信仰の対象でした。

富山は古くから現在に至るまで信仰の厚いところです。

現在、この立山へはバスも通っており、観光客も多いです。

今日はいい眺めでした。

 

以下為中文翻譯:

銀祥堂所在的富山縣,有日本三大靈山之壹的立山。

另兩座靈山為:富士山和白山。

立山高聳陡峭是修行之所朝拜之處。

富山從古至今都是信仰濃厚的地方。

如今坐巴士就可以去往立山,遊客眾多。

今天的遠眺風景也是極好呢。